農業

繋がる、「先端技術」が日本農業の発展へ

先端技術で農業を変える動きがある。

千葉大学環境リモートセンシング研究センターは先端技術で農業を変える研究を行っていた。

現在の日本では後継者不足やコストが大きい等、様々な農業の問題を抱えている。

その問題をできるだけ解決しようと研究されているのが、衛星データを利用した精密農業や、ICT技術を利用したスマートアグリだ。

このような先端技術を駆使して農業は大きく発展しようとしている。

その一例が「植生指数」から、米の味の良し悪しまで判定するというものである。

その他にも動画では様々な先端技術と農業の可能性を模索している。

ぜひ一度目を通して日本の農業の未来にわくわくし、関心を持っていただければと思います。

※脚注
精密農業・・・農地・農作物の状態を良く観察し、きめ細かく制御し、その結果に基づき次年度の計画を立てる一連の農業管理手法であり、農作物の収量及び品質の向上を目指すもの。(参照:農林水産技術会議)
スマートアグリ・・・スマートアグリカルチャの略語。最新のITを利用して農業の生産性や品質を補助すること。(参照:キーマンズネット)
植生指数・・・植生指数耕作地からの近赤外線の反射率の違いを計測した数値。

出典1:http://www.s.affrc.go.jp/docs/report/report24/no24_p1.htm
出典2:http://www.keyman.or.jp/kc/30007291/
出典3:https://www.youtube.com/watch?v=a3vDn6rNW9s

コメントを残す

*